スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
とんでも腐敵☆パートナー Act.3-2
2008 / 01 / 22 ( Tue ) 22:39:14
                                                               Act.3-3へジャンプ
<<<< 栗子side >>>>

 約束の時間になった。
 
 一応人との約束は守る主義なのできっちり時間通りに駅に着く。
 
 時間通りではあるが、どうやらあたしが最後だったらしい。あたしの姿を認めると、寺尾さん(今度は本当)は「さぁ行くよ!」と張り切って歩き出した。根っからの幹事肌な人だったようだ。
 
 女の子は、あたしを含めて四人。
 
 みんなばっちりメイクしてきてる。ナチュラルメイクといえど、してるとしてないとでは大違いだ。その化けっぷりには恐れ入る。
 
 あたしはというと、基礎化粧はしてるけどファンデーションの類はつけてない。地肌が白いのでつけてもつけなくても大差ないし。
 
 これは真昼に言わせれば「セールスポイント」らしいのだが化粧映えしないってのはどうなのよ。
 
 
 オンナ四人、男性陣への期待を話の華に、女子大生らしいきゃぴきゃぴさを振りまきながらしばらく歩いていると、カジュアルな雰囲気のバーに到着して、途端、女性陣の顔に緊張の色が浮かんできた。
 
 全員口をつぐんで、半透明のガラス扉をくぐる。
 
 店内は、青白い照明に彩られていた。
 
 ムーディなBGMも流れ、全体的に落ち着いた雰囲気を醸しだしている。
 
 程よくテーブルを仕切る、随所に置かれた観葉植物。白い制服のウェイター。
 
 お洒落。
 
 って、言うんだろうな。
 こういうところ。
 
 あたしはちょっと苦手だけど。
続きを読む

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

オリジナル長編小説 とんでも腐敵☆パートナー Act.3 admin page top↑
back * HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。